おひとりさまの十字路

48の故郷を持つ、長時間拘束地獄の王の雑記ブログ!

お茶の色は何色だ!緑は癒しの色、静岡のアンテナショップで上品な緑茶を嗜む。

日本人に古くから親しまれ、馴染みの強い緑茶。

珈琲同様,淹れ方や育つ環境で味も様々で、コンビニなどで買う際は決まった銘柄以外は購入をしない!なんて方もいるのではないでしょうか?

まずは綾鷹!なければ生茶の順で選ぶくらうりーです。

そんな僕が嗜好品として物凄く楽しめ、飲み続けたいなと思うお茶に出会えた場所を紹介したいと思います。

f:id:crowley-uchikawa:20200119211331j:plain

静岡県東京観光案内所

有楽町にある交通会館、そのB1の一角に静岡県の観光案内所があります。

店内はそこまで広くないのですが、白を基調とし室内が落ち着きのある雰囲気を醸し出してます。

店頭から店内にかけてパンフレットが多数置いてあり静岡のイベントの情報が確認でき、レジの前には厳選された静岡の名産品、そして僕の一押し!静岡のお茶を頂けるスペースがあります。

 

一概にお茶といっても、茶葉の処理にも色々ありますよね?紅茶は知ってましたが烏龍茶も同じとは勉強になりました。

静岡県内の有名な産地だけでも八種類以上あり、地域によって茶葉の形や味に特徴があります。
掛川・川根・本山等、産地毎のお茶を楽しめるのも静岡のアンテナショップならではの魅力です。

 

 お茶とお茶請けのセットは450円お茶とお茶請けは日替わりで各3種類ずつ用意されてるので選べてうれしいです。

茶葉が目の前に置かれ丁寧にどういった茶葉なのか、味についてなど詳しく教えてくれます。

この日は暑かったので掛川茶を冷茶でお願いしました。

桜の香りがする緑茶なんていうのもありましたよ。

f:id:crowley-uchikawa:20200119211724j:plain

目の前で淹れてだすお店できちんとしたお茶を飲んだのが初めてなので、美味しさに驚愕です!物凄く上品なんですよ!茶葉の香りの後に柔らかい苦み、そして最後にほのかな甘みがするんです!お水にもこだわって富士山のバナジウム天然水で淹れてるらしく舌触りが滑らかでした。

お茶請けは水まんじゅうを選びました。

上品な葛に包まれ舌触りの良い甘さ控え目のこしあんが緑茶の味の深みをより一層際立たせてくれました。

 一杯のお茶をお茶請けと一緒に嗜みながらゆっくりしてると、心が安らぎます

最近海外のオフィスではエナジードリンクの代わりに緑茶をリフレッシュで飲むこともあり、世界的にも注目されているんですね。

 

店内では提供してるお茶の茶葉や、お茶請けのお菓子も一つから持ち帰りで購入できるのでオススメです。

今度は3種類(温・冷)の全6種類を飲み比べるのもやってみたいですね。

お店は10:30~19:00の営業なのですが、茶屋は12:00~となります。

こちらのお店で飲んだお茶が美味しかったので、緑茶のお店に足を運んでみたくなりました。でもそれはまた別のお話し。

 

それではみなさん、最後までありがとうございました。

 

h2 { color: #505050;/*文字色*/ padding: 0.5em;/*文字周りの余白*/ display: inline-block;/*おまじない*/ line-height: 1.3;/*行高*/ background: #dbebf8;/*背景色*/ vertical-align: middle; border-radius: 25px 0px 0px 25px;/*左側の角を丸く*/ } h2:before { content: '●'; color: white; margin-right: 8px; }